財務改善道場

消費税の増税対策は?!今すぐできる企業防衛の3つのポイント

2013年11月06日

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

来年4月1日から消費税が8%にUPします。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131001/k10014952611000.html
企業経営の現場では、このことに対する防衛策を直ちに考えて実行する必要があります。



1.原材料の仕入れ

dojo_1005.jpg
原材料や商品を仕入れる業種(製造業やおろし小売業)は3月まで仕入れには5%の消費税がかかり、4月1日からの仕入れには8%の消費税がかかります。つまり、たった1日の違いで消費税を3%も余計に払わなくてはなりません。したがって原材料や商品によっては3月31日に向けて買占めによる品不足や品不足からくる値段の高騰が予測されます。モノによっては今のうちから買いだめておくことも執拗ではないかと思われます。場合によっては銀行から安い金額で借り入れても買い占めたほうがよいかもしれません。


2.買い替え時期の見直し

dojo_printa.jpg
4月以降で買い換えるような機械や備品、車両などは3月中に買ったり買い換えたほうがお徳かもしれません。これらはそもそもの金額が高いので消費税3%の差は大きいからです。


3.ブランド力のある商品(サービス)づくり

消費税UPの8%分を商品(サービス)に転嫁できるものへ大至急グレードアップしましょう。仕入れや経費には間違いなく消費税8%がかかってきます。もし現在の商品(サービス)に消費税8%分を転嫁できなかったらその分は自腹を切ることになります。したがって消費税を納税するときには相当な自己負担となってしまうからです。


例としてペットボトルのお茶でも一般のお茶はディスカウントストアでは80円~120円くらいで売られていますが、トクホのお茶(ヘルシア)は180円という単価を崩さなくても売れています。そこでは効能の差がはっきりしているから、消費者は指名買いをするのです。このように同じ商品でも「付加価値」をつけることが商品力をUPし、差別化されブランドとなって高くても売れていくのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
吉冨 健一(キャッシュフローコーチ)
株式会社キャッシュフローコーチ熊本 代表取締役

吉冨健一
1953年生まれ、熊本市出身。水産会社の経理や運送・納品・大手スーパなどでの対面販売など、多くの現場仕事の体験を生かし、約30年にわたり、経営コンサルタントとして数多くの企業をサポート。また、経営者向けセミナーや社員研修など講師として様々な活動を精力的に行っている。これまでのセミナー実績はこちら : http://lamp-k.co.jp/seminar/

このページのトップへ

経営虎の巻CD

経営虎の巻CDは、財務改善に関する事が全て詰まったCDです。

経営虎の巻CDを購入する

キャッシュフローコーチ 吉冨健一

  • プロフィール
  • このCDを作ったワケ
  • このような方に
  • セミナー実績

吉富健一コラム

キャッシュフローコーチ熊本

このページのトップへ